雨が降ったときに、パラソルの中でするような話をひとつや2つ。それは喜劇か、悲劇か、またはビジネスか。

自分OFF ~たった1つのシンプルなルール~

2021/01/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
☆☆☆昨日を超える、きょうとなれ!☆☆☆ 1996年生まれ。24歳。ブログ歴もうすぐ3年。目標ブログ月収10万円! 「最初の読者は自分」をコンセプトに、まず第1に自分が読みたい! タメになった! 毎日きちゃう! 記事・ブログづくりを行っています。 自己啓発系 月5~6本、テレビゲーム系 月1本ペースで執筆中!
詳しいプロフィールはこちら

このブログにきてくれた、年末に堀口恭司と朝倉海戦を見た!  というすべての人にこの記事を捧ぐ。 –浜田かんちろう

♡はじめての方へ!♡

当ブログの自己啓発記事に対する私の姿勢

ポイントまとめ

☆自分OFFという、シンプルなルール。

☆目的のためなら、手段はなんだっていい。

自分OFF

☆問題を解決するときは、「自分の感情」をそっと横に置いておくといいかもしれない。

自分OFF。たった1つのシンプルなルール。

☆昨日は「カレー大嫌い!」っていっていたのに、きょうは「カレー大好き!」。昨日は「鬼滅の刃なんて見ない!」っていっていたのに、きょうは「鬼滅の刃最高かよ!」。

あなたの昨日は、だれかの昨日。

☆自分なんてものが、ない。好きというものがない。嫌いというものがない。ある瞬間だけ、手に持つことはあるだろう。でも、次の瞬間には、まったく違うものを手にしているのだ。

☆あなたが男である必要はなく、女である必要はない。あなたが30歳である必要はなく、15歳である必要はない。あなたが赤組である必要はなく、白組である必要はない。

☆ほとんどの人が「いかに自分にとって価値のあるものを、できるだけ長い間、大切に手に持っていられるか」ばかりを気にしている。

”その”大切なものがなければ、あなたではないのか。それを持っていなければ、あなたではないのか。

☆それはただの意見に過ぎない。意見は、あなたではない。意見は、空に流れる雲のように、絶えず形を変え、動きつづけるものだ。あなたは、ずっと同じ形の雲を見つづけることなんてできない。

こだわりを捨てる。感情を捨てる。昨日を捨てる。

☆私の最大の長所は、1つのことに徹底してこだわりつづけることである。そしてそれは、同時に、私の最大の短所でもある。

【ポイント】

☆自分OFFという、シンプルなルール。

手段、ころころ

☆あなたが漫画家になりたいなら、漫画家になるのが1番だろう。でも、「自分だけの世界を表現したい!」なら、それは漫画家である必要はない。

☆目的のためなら、手段は、ころころころころころころころころ変わってもいい。

☆「自分だけの世界を表現したい!」という目的なら、手段は、漫画や映画や、小説や、スピーチや、演技でもなんでもいいのだ。

☆タクシーの運転手でも、プロスポーツ選手でも、ユーチューバーでも、転売屋でもいい。あなたに「お金を稼ぐ!」という目的があるなら、手段はなんだっていい。

☆お金を稼ぐのが目的なら、「より効率的で、簡単な方法」を目指すのが自然だろう。もし、それが「非効率で、面倒な方法」であったのなら、もしかすると、あなたの真の目的は「お金が欲しい!」ではないのかもしれない。

☆手段を変え、そして、ときには「目的さえも変えてしまう」

☆それが”みんなの”目的ではなく、本当に”自分の”目的なのかの確認だ。これはとても大切なことだ。

【ポイント】

☆目的のためなら、手段はなんだっていい。

限りなく「白色」に近い

私は、限りなく「白色」に近い者。

ベッドで目を覚ました、その瞬間から

「さー、きょうはいったいどんな”色”をつけてやろうか!」

目についたものから、とりま、頭から突っこんで、ダイブする!

全身に、青色や赤色や黄色なんかが飛び散って! ぐちゃぐちゃになる。

さっきまで、ピンク色だったのに、あれ? いまはもう、緑色になってる!

そうかと思えば、紫、茶色、んん? これは、オレンジ!

「おいおい、お前は”青色”の人だったじゃないか!」

と強く肩を叩いてくる人には

「へへ、そうかも、忘れちゃった。それ! 君にも色をつけてあげるよ!」

ぐるぐるぐる、あっちいって、こっちいって。

大忙しの1日が終わる。

最後に鏡を見て、いまの自分の体の色を確認して、「あーあ、そろそろ寝よっと♪」

といって、ベッドに戻る。

さあ、次は夢の中で、大冒険するぞっ!

ポイントまとめ

☆自分OFFという、シンプルなルール。

☆目的のためなら、手段はなんだっていい。

教養無敵! キーワードちゃん!

手段

・あることを実現させるための方法。

・【使い方】手段は具体的な行為・方策をさす。

・【使い分け】「方法」は1つ1つの手段を総合して効果的に動かすやり方。

・【英】 means

●あることを実現させるための方法を「手段」というので、あることを実現させるつもりでなければ手段とはいわない。

●「お昼になったから、お昼ご飯を食べたい」この目的は、自分の食欲を満たしたい。それを実現させるための手段は、自分で作った弁当を食べる、近くの牛丼屋にいく、コンビニ弁当で済ます、などがあげられる。

●もし「自分で作った弁当をぜったいに食べなくてはいけないっ!」というなら、それはもはや、食欲を満たす手段ではなく、それ自体が「目的」となっている。この場合の手段は、その弁当をどこで食べるか、や、だれと話しながら食べるか、といったものになるだろう。

●もし「Aさんと一緒じゃないと、ぜったいダメっ!」というのであれば、それは「自分の弁当を食べる」という手段ではなく、それ自体がもう「目的」になっている。

●目的と手段をしっかり意識しないと、いつの間にか、目的が手段になり、手段が目的になってしまう。

●手段も目的も、ずーっと同じというのはありえない。常に、「アップデート」し、よりよい方法、よりよい自分のためのアイデアを考えよう。

 

<参考:goo辞書>

 

<次の記事>

ユーモアのない文章は、息継ぎのない水泳である。

 

当ブログの自己啓発記事に対する私の姿勢

浜田かんちろうの本棚~いつも本は読むべきときに読んでいる~

 

【コラム「アイデア先進国」】記事一覧

【自己啓発】記事一覧

【テレビゲーム】記事一覧

この記事を書いている人 - WRITER -
☆☆☆昨日を超える、きょうとなれ!☆☆☆ 1996年生まれ。24歳。ブログ歴もうすぐ3年。目標ブログ月収10万円! 「最初の読者は自分」をコンセプトに、まず第1に自分が読みたい! タメになった! 毎日きちゃう! 記事・ブログづくりを行っています。 自己啓発系 月5~6本、テレビゲーム系 月1本ペースで執筆中!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲーム機の電源、ぽちっ♡

Copyright© パラソルと雨 , 2021 All Rights Reserved.