雨が降ったときに、パラソルの中でするような話をひとつや2つ。それは喜劇か、悲劇か、またはビジネスか。

期限のない目標達成は、待ちあわせ時間を決めていないデートである。

2021/01/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
☆☆☆昨日を超える、きょうとなれ!☆☆☆ 1996年生まれ。24歳。ブログ歴もうすぐ3年。目標ブログ月収10万円! 「最初の読者は自分」をコンセプトに、まず第1に自分が読みたい! タメになった! 毎日きちゃう! 記事・ブログづくりを行っています。 自己啓発系 月5~6本、テレビゲーム系 月1本ペースで執筆中!
詳しいプロフィールはこちら

このブログにきてくれた、すべての菅田将暉似と有村架純似にこの記事を捧ぐ。 –浜田かんちろう

ポイントまとめ

☆自分のやりたいことよりも、「期限」を最重要とする願望達成プログラム!

☆期限のない目標達成は、待ちあわせ時間を決めていないデートである。

☆1年で1000円稼ぐことができれば、100万を稼げたのに等しい。

☆「いつかハワイいきたいな~」と「俺はぜったいにハワイにいく!」はそんなに違わない。

やりたいことよりも「期限」を重視せよ!

私はいまから1年後。2021年12月12日までに100万円を稼ぎます。(メインの仕事の収入ではなく、副業で稼いだ副収入としての100万とします)

☆自分のやりたいこと、好きなこと、よりも、「期限」を最重要とする願望達成プログラムの提案。

☆このプログラムでは、「あなたの好きなことはなんですか?」みたいな質問はしない。代わりに「あなたは1年後になにを達成しますか?」と聞く。

☆やりたいことはあるけどなかなか手がつけられない。先延ばしにする。これらの原因はずばり「期限」を設定していないからである。なぜ期限を設定しないのか? それは「明確に時間を決めるのは意外と面倒だし、なくてもあってもどうでもいい」と思っているから。「1年後願望達成プログラム」では、その問題を解決できる。期限を決めるという段階を最初からクリアしているからだ。あなたがなにをするにしても、それは1年後に必ず達成される。

☆よく考えてほしい。ほとんどの人は自分の目標に期限なんてつけやしない。だがあなたたちはすでに「1年後」という期限をつけることに成功している。これはとんでもない進歩である。階段1段2段登った先にいるどころの差ではない。

☆期限をつけた人とは、大阪から東京までの新幹線の切符を買って、あと3分で発車するのを席に座って待っている人たちだ。そして、まだ期限を設けていない人とは、大阪市内の自分の部屋にいて「ああ、いつか東京いきたいなー」と寝ながらスマホをいじっている人たちである。新幹線に乗っている人は、予定通りにいけば2時間弱で東京につくことができるが、まだ自分の部屋にいる人が東京につくのは1か月後か、半年後か、はたまた10年後か(一生いかないこともある)。まったく当たり前の話ではあるが、この中に自己実現のヒント、期限をつける必要性が隠されている。大阪(現状の自分)、東京(目標としている自分)と見れば、それが痛いほどよくわかる。

☆極端にいえば、大阪から東京へいくまでの新幹線の中で、「東京いったらなにしようかなー」と考えるのはアリなのだ。これは、やりたいことが決まっていないのに、先に期限を決めるという革命的な手法である。

いやいや「やりたいことを考える」手間すらも省いてみようではないか。ただ東京をぶらぶら歩いて、気の向くまま街を散策するのだ。自分の欲しかったものは、先に決めるのではなく後から「発見する」ものだという発想!

【ポイント】

☆自分のやりたいことよりも、「期限」を最重要とする願望達成プログラム!

期限のない目標達成は、待ちあわせ時間を決めていないデート!

☆期限をつけるとなぜこれほどまで願望実現が近づくのか、それは時間が与える影響力がすさまじいからである。それは当然のことで、私たちほど時間を意識して生活する生き物はいない。あなたがきょう1日、朝起きてから、夜寝るまで、いったい何回時計に目をやることだろう。時間がわからなければ、私たちはいつ飯を食べていいかも、いつ風呂に入っていいかも、いつ目を覚ませばいいかもわからない。

☆時間を意識するということは、期限を設定することといっていい。時間がなければ私たちはなにもできない。つまり、期限を設けなければ、私たちはなにも達成することができない。

☆「明日、ここの会社の人と会ってくれ」「土曜日、あの店の前で待ちあわせね♡」「(旅行会社から)明後日のハワイ旅行の出発空港ゲートはこちらになります」もしこれらの人たちの会話の中に”時間(期限)”がないとしたら恐怖だ。何時に会社の人と会うのだろう? 何時に彼女と待ちあわせればいいのだろう? 何時出発の飛行機に乗ればいいのだろう? 時間がすぽっと抜け落ちただけでこんなに不便極まりないものになるのか。いや、まだこの3つの例えでは、「曜日や明日などの日にち」がわかるだけましかもしれない。土曜日の何時に待ちあわせか、天然な彼女がいい忘れたとしても、その店の前で1日中待っていれば会うことは可能だ。だって土曜日という期限を設定しているのだから。もし曜日すらも指定しないのであれば……彼女と会えるまで毎日、その店に通うはめになるだろう。

期限のない目標達成は、待ちあわせ時間を決めていないデートである。

☆私たちは知っている。「今度、飯にいかない」と誘ったときの、相手からの「いいよー! いつかねー」の”いつかね”は永遠に等しいということを。

☆私たちは知っている。「俺はいつか億万長者になる!」といったときの”いつか”は永遠に等しいということを。

☆変えるのは1つだけ。「いつか」を「1年後」にするということ。

【ポイント】

☆期限のない目標達成は、待ちあわせ時間を決めていないデートである。

「成功の流れ」を体得するということ

☆本当に1年でいいのか? 長すぎない? 短か過ぎない? これは問題ではない。大事なのは、1年という期限がすでに決まったと仮定して、それにいたるまでの行動計画をイメージすることである。もっとも重要である「期限」をすでに決まったものとすれば、あとは流れで計画し、行動に移せる。計画よりもなによりも、期限を先に意識すること。

☆彼女とどこにいくか決まっていなくても、待ちあわせの時間が決まっていればなんとかなる。2人で街をぶらぶらし、楽しく過ごせればデートは成功である。反対に、彼女とどこにいってなにをするか、綿密に計画を立てていても、待ちあわせ時間が決まっていなければ、楽しく過ごすことはおろか、まず彼女と出会うことが難しくなる。

☆時間の影響下の中で生活していると、なかなかわからないが、私たちは時間がないとしても意外となんとかなるものだ。

☆1年で100万稼ぐ! を1日で100万稼ぐ! としよう。それは果たして、不可能だろうか。まず頭を柔らかくして考えると、1日で100万を手に入れる方法としては、コンビニ強盗などがあげられる。1店舗当たり、奪えるお金は30万や50万くらいだろうか。もしそうなら、2、3店はしごするだけで目標達成! 1件5分で回れば、3件で15分か。1日どころか、アニメの1話分もかからない。※これは冗談です。ほかにも、100万を手にするアイデアはいろいろある。金融会社から借りるのもそうだし、親や友だちから「ぜったい返すから!」といって集金するのもあり。車、服、家電、家にあるものをすべて売る。無料会員登録でポイントがもらえるサービスにすべて申し込む。など、考えればいくらでもでてくる。それをやりたいかどうかはまったく別の問題で、時間というのはなくても意外といけるという感覚を持つことが大事。

☆「もし1年後に100万を稼ぐことができなかったら!? どうすんの!?」という常に失敗を想定していらっしゃるお客さまのための回答ももちろんご用意しています。1年後に100万稼げなかったとして(10万しか手に入らなかった、いやいや1000円しか手に入らなかった場合)、あなたは高らかに拳を突きあげ、喜ぶべきだ。この1年、期限を設け、100万という目標のもと生活した日々は、実は100万以上の価値がある。この間、己が経験したことは、これからいくらでも改善し、パワーアップすることができる。100万どころか、1億円でもいくらでも。「1年で100万稼げなかったらどうするか」それは「そこで得た経験を活かし、次の1年につなげること」これに尽きる。

☆1年で1000円稼ぐことができたあなたは、100万を稼げたのに等しい。なぜなら、期限を決め、目標設定し、計画し、行動し、収入を得るという一連の「成功の流れ」を体得しているからである。この仕組みは、例え、1000円であっても、100万であっても変わることはない。これから収入が増えていくと断言できるのは、時間が経つにつれ、無駄が減る一方で技術は上がり、知識も広がり、効率的に動けるようになるからだ。

☆期限のない10年と、期限を決めた1年を比べれば、その成長スピードに驚く。

☆「成功の流れ」は基本の型をマスターするということだ。初心者になれれば、中級者になり、やがて上級者になれる。これは1つのステップの中の話。だが、未経験者が、初心者になるのはそのステップの外の話。未経験者は経験するまで、どんなに頭の中で知識、イメージを膨らましても、それは未経験者である。1年で1000円を稼ぐことができた人は、初心者であり、期限を設定しない人は未経験者である。

「1年願望達成プログラム」は、未経験者を初心者にするプログラムである。期限設定の面倒を省き、「1年」という時間を決まったものとし、計画、行動につなげていく。具体的な願望がない場合でも大丈夫。とりあえず「100万」というキーワード設定がこのプログラムの鉄板コースである。お金が欲しい! はそれなりの動機になるからだ。

☆1年後に100万を持ってにやにやしている自分を鮮明にイメージする。ある人は「でも、これからどうそれを成しえるのかが大変じゃない?」と思うかもしれないが、そうでもない。「1年」「100万」というキーワードを設定するだけで、願望達成は9割終わったものだとしよう。

☆到達時刻と場所がわかれば、そこにいくまでの道のりは”だいたい”思いつくことができる。自転車でいくか、車でいくか、飛行機でいくか、みたいなことだ。自分の好きな方法でいけばいいが、重要なのは、時間に間にあい、その場所に到達すること! (ついつい、移動手段が楽しくて、横道にそれることもあるが、ここでは、「時刻」「場所」を守ることは大切だという意識を持つこと)

☆到達時刻は「1年」であり、場所は「100万」である。ある時刻に間にあうようにある場所に到達するには、徒歩や交通など手段は自由だ。同じく、1年後に100万を稼ぐ自分に到達するのは、ブログ、投資、バイト、その他考えられるさまざまな手段などは自由だ。

☆このプログラムの真の素晴らしさは、100万を手にすることができるところではなく、「成功の流れ」を知り、未経験者から、初心者になれるというところだ。「成功の流れ」は、これから稼いでいくための土台となり、稼ぐ金額は、時間がたち、あなたの技術が上がるにつれ、増えていく。

【ポイント】

☆1年で1000円稼ぐことができれば、100万を稼げたのに等しい。

そこに時間の設定があるかどうか

☆ただの「ハワイいく」と「3日後にハワイいく」は違う。「1か月後、ハワイいく」と「1年後、ハワイいく」はほとんど違わない。「いつかハワイいきたいな~」と「俺はぜったいにハワイにいく!」もそんなに違わない。

好きかどうか、情熱かあるかどうかよりも、時間の設定があるかどうか。

☆もちろん、時間の力を使わなくとも、目標を達成することはできる。1週間で本を読むと決めなくても、1週間以内に本を読めてしまう場合があるように。それは、別の力、「習慣の力」が作用している。いいことだ。私たちはほかにも「好きという力」を使うことができる。それらをあわせ、さらに時間の力も含めれば、なお自己実現の達成は加速する!!

☆いままで私たちは、なんとなくやりたいことは決まっていても、「じゃあそれはいつまでにやるんですか?」と聞かれれば、うっと口をつぐみ、質問者を心の中でにらみ、もじもじするしかなかった。だが、これからは違う。私たちには「はい、1年後に達成します!」という決まり文句ができた。期限をしつこく聞いてくるあいつらにもう臆することはない! 堂々と胸を張ろう! そして、1年後に目標が達成できなかったときに「できませんでちたね~」と心をちくっと刺してこようとする悪ガキには、そっとこうつぶやいておくのだ。「ふふ、違うんだ。私はこの1年で目標を達成する初心者になれた。これがどれだけの成長か、未経験者の人には一生わかるまい」。そしてもうその悪ガキと話すことはない。すでに住む世界が違うからだ。あなたは、新幹線に乗り、景色を楽しみながら到着を待つ旅行者であり、悪ガキは、布団にくるまって、次はどんな人を傷つけようか考える、悪ガキだ。

☆この記事を見ているあなたも、ぜひきょうの日付から1年を設定してみようじゃないか。「え、やりたいことないんですけど」という人も歓迎だ。それはあとでいくらでも見つかる。まずは、勢いよく新幹線に乗りこもう!

☆こうしてぶらり旅ははじまったのだ。「いつ旅をしようかな」ではなく、すでに旅はスタートしているのだ。

☆好きなことを見つけるには時間がかかる。だから、最初にストップウォッチの開始ボタンを押すのだ。「ストップウォッチを押すかどうかを考える時間をください」なんていうのはジョークだけにしてくれよ。

☆1年は12か月であり、12か月は365日であり、365日とは、きょうを含めた1日1日である。

☆なんだかうまくいかないな、と感じたら「簡単に、シンプルに」すること。これは私が最近になって編みだしたお気に入りの思考法である。

【ポイント】

☆「いつかハワイいきたいな~」と「俺はぜったいにハワイにいく!」はそんなに違わない。

ポイントまとめ

☆自分のやりたいことよりも、「期限」を最重要とする願望達成プログラム!

☆期限のない目標達成は、待ちあわせ時間を決めていないデートである。

☆1年で1000円稼ぐことができれば、100万を稼げたのに等しい。

☆「いつかハワイいきたいな~」と「俺はぜったいにハワイにいく!」はそんなに違わない。

教養無敵! キーワードちゃん!

期限

・前もって決められた一定の期間。

・ある時点から、その先の決められたある時点までの、連続する期間。

・<使い分け>「期日」は、約束の日を指す。

・<使い分け>「締め切り」は、期限の最終地点を指す。期限があれば、おのずと最終地点が生まれるので、その日、その時刻は締め切りとなる。

●前もって決められた期間のことを期限というので、なにも決めていなければ期限とはいわない。

●ある時点までの連続した期間の事を期限というので、ある時点(最終日、ゴール)を決めないのであれば、それは期限とはいわない。

●決められた約束の日をより強調したいのであれば「期限」よりも「期日」といったほうがいいのかもしれない。

 

<参考:goo辞書>

 

 

<次の記事>

ニートは、現代の貴族である。

 

浜田かんちろうの本棚~いつも本は読むべきときに読んでいる~

【コラム「アイデア先進国」】記事一覧

【自己啓発】記事一覧

【テレビゲーム】記事一覧

この記事を書いている人 - WRITER -
☆☆☆昨日を超える、きょうとなれ!☆☆☆ 1996年生まれ。24歳。ブログ歴もうすぐ3年。目標ブログ月収10万円! 「最初の読者は自分」をコンセプトに、まず第1に自分が読みたい! タメになった! 毎日きちゃう! 記事・ブログづくりを行っています。 自己啓発系 月5~6本、テレビゲーム系 月1本ペースで執筆中!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲーム機の電源、ぽちっ♡

Copyright© パラソルと雨 , 2020 All Rights Reserved.