雨が降ったときに、パラソルの中でするような話をひとつや2つ。それは喜劇か、悲劇か、またはビジネスか。

ニートは、現代の貴族である。

2021/01/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
☆☆☆昨日を超える、きょうとなれ!☆☆☆ 1996年生まれ。24歳。ブログ歴もうすぐ3年。目標ブログ月収10万円! 「最初の読者は自分」をコンセプトに、まず第1に自分が読みたい! タメになった! 毎日きちゃう! 記事・ブログづくりを行っています。 自己啓発系 月5~6本、テレビゲーム系 月1本ペースで執筆中!
詳しいプロフィールはこちら

このブログにきてくれた、 「PS5? まだまだPS4っしょ!」という人たちにこの記事を捧ぐ。 –浜田かんちろう

ニートは、貴族である。

☆自分が住む県内で、1番の高級ホテルに泊まること。豪華なロビー、気品あるホテルマン。最上階の部屋から見える世界。ふかふかのベッド。「私は確かにここにいる。そしてここに最もふさわしい人間である」

☆私たちに必要なのは、メーターが振り切って壊れるくらい高い自信(自尊心)と、それを感じさせてくれる空間である。

☆1億円の稼ぎ方を知っている人は、自分にはなにがなんでも1億円が必要だ!と心の底から思っている人である。

ニートは、現代の貴族である。仕事をせず、貯金と親の財産で不自由なく生活しているのだから、平安時代の貴族だ。

☆まさにほら、自分の「住みやすい世界」のためにその素晴らしい脳力を思う存分振るうのだ。言葉のデザイン、定義の改革、想像力。この世界は、あなたの手でどんな模様が描かれるのか、どんな色を塗られるのか、楽しみでうずうずしているキャンパスにほかならない。

☆働かず、社会に貢献しない人たちを非難する声は多いが、それの真の意味は「社会のために働くのが当然だろう!」ではなく「私が真面目に働いているのだから、お前も働けっ!」である。

☆内ではだれもが「私利私欲のための労働」であり、外では笑顔で「社会奉仕であります!」

☆できるだけ楽をしたい、でもだれかが楽をするのは許せない。

☆お金持ちになりたい。でも、友だちが金持ちになるのは許せない。

☆ちやほやされたい。でも、他人がちやほやされるのは好きじゃない。

☆「他人の失敗はすべて君の責任だ」といわれれば、なにをバカなことをいっているんだと、あきれるだろう。まさに、君の他人に対する立ち振る舞いはだいたいそんなものだ。

さあ、NEWGAMEだ! キャラメイクで自分のアバターを制作しよう! 顔や身長やあそこのサイズまで自由に選べるが、スタート時のレベルは1、職業は「ただの奴隷」からだ! これからどんどん成りあがって楽しもう! 「ただの奴隷」のままでも、企業に勤めて賃金をもらうことはできるけど、そんなことをする”意味”なんてトロフィーの「社畜見舞い申し上げます」を獲得するためだけだよねー。(せっかく3万払って、早期予約特典つきの豪華限定版を手に入れたのに、そんな遊び方でいいの?)

☆うそっ!? なんで「15年もプレイして」そのランク、その装備、その所持金なの!? ありえねー! どうしたの!? 最初の3日間やって、あとは起動したまま15年ほったらかしたの!? 特殊な遊び方をするんだねー。ま、いいや、フレンドから招待送るから、こっち遊びにきなよ。好きな車があればいってー、うちの倉庫にあるやつはぜんぶいらないからあげるわ! ここまでランクが低いとあれだなー、うーん。そうだ! 金と経験値が手に入る効率のいい周回方法あとで教えるから、やっときなよ。ユーチューブの実況者がちょっと前にやってた方法だけど。おすすめね! さあ。もう入った? じゃあ、俺んちきて~。

☆この世には、あつ森のようなゲームもあれば、グラセフのようなゲームもある。どれを遊ぶかは人の好みである。そして私は両方遊ぶ。

人間は包丁を使うことができる生き物だ。そして包丁は、にんじんを切ることもできるし、人の首を斬ることもできる。

この現実世界は、壮大なオープンワールドアクションアドベンチャー恋愛シュミレーションステルスストラテジークライムRPGである!!!!!!!!!!! (視点はもちろん1人称!)

ゲームは実は、自己啓発。(自分のよりよい生活を目指して、自身の成長と捉えるなら、たとえテレビゲームでも自己啓発の1つとなる)

☆優秀な自己啓発書には、読む人の心をつかむ「ストーリー」と成功するのに大事なことを”気づかせてくれる”ささやかな「ヒント」がちりばめられている。ゲームなら、本には真似できない映像表現によって、プレイヤーの視覚、聴覚に訴えることができる。「ストーリー」を伝えるのも「ヒント」をちりばめるのも、朝飯前だ。ゲーム×自己啓発は無敵の組みあわせになるに違いない。

【ポイント】

☆ニートは、現代の貴族である。

まるでグラセフみたいな話。

俺は銀行を襲うが、人助けもする。

パトカーに追いかけられることもあるが、パトカーのランプが忙しく回る前に事件を解決させてやることもある。

まるでグラセフ(ゲームソフト)みたいな話。

俺は間違いなく正義の味方だし、悪のカリスマでもある。

気に入らない奴の頭を撃ち抜く瞬間はなんともいえない。

いつだれかに尻をぶち抜かれるか、街を歩くときは気をつけてる。

この街は富、権力のぎとぎとした匂いが染みついてる。

癖になる。俺の好きな……いや、好きというより、これ以外の匂いをもはや忘れてしまった。

 

 

<次の記事>

自分の本当に欲しいものに、”名前なんてない”

 

浜田かんちろうの本棚~いつも本は読むべきときに読んでいる~

【コラム「アイデア先進国」】記事一覧

【自己啓発】記事一覧

【テレビゲーム】記事一覧

この記事を書いている人 - WRITER -
☆☆☆昨日を超える、きょうとなれ!☆☆☆ 1996年生まれ。24歳。ブログ歴もうすぐ3年。目標ブログ月収10万円! 「最初の読者は自分」をコンセプトに、まず第1に自分が読みたい! タメになった! 毎日きちゃう! 記事・ブログづくりを行っています。 自己啓発系 月5~6本、テレビゲーム系 月1本ペースで執筆中!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲーム機の電源、ぽちっ♡

Copyright© パラソルと雨 , 2020 All Rights Reserved.