雨が降ったときに、パラソルの中でするような話をひとつや2つ。それは喜劇か、悲劇か、またはビジネスか。

それは”捨てろ”–Throw it away

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1996年生まれ。24歳。ブログ歴もうすぐ3年。目標ブログ月収10万円! 「最初の読者は自分」をコンセプトに、まず第一に自分が読みたい! タメになった! 毎日きちゃう! 記事・ブログづくりを行っています。 自己啓発系 月5~6本、テレビゲーム系 月1本ペースで執筆中!
詳しいプロフィールはこちら

参考文献:ナポレオン・ヒル「思考は現実化する」きこ書房

ポイントまとめ

☆逆境の中には、それがひどいものであればあるほど、それに見合った、強力な幸せの種子が隠れている。

☆それは”捨てろ”

強力な幸せの種子

あなたは自分の思いどおりのものになることができる。

ナポレオン・ヒル博士のメッセージより

 

逆境の中には、それがひどいものであればあるほど、その中にその逆境のひどさに見合った、強力な幸せの種子が隠れているのです。不幸を幸運に変える、つまり、逆境であればあるほど、貴重な体験を重ねることができるのです。

「奇跡を起こす人、ナポレオン・ヒル博士」より

【ポイント】

☆逆境の中には、それがひどいものであればあるほど、それに見合った、強力な幸せの種子が隠れている。

それは”捨てろ”

☆自分のことについて、自分の願望について、じっくり考える時間をとっていなかったから、いざなにか目標を決めるときに「お金がいっぱいあったらいいなー」「みんなからかっこいいっていわれたいなー」というような、内容の薄いものしかでてこない。

☆私が、つい自分のプライドや理想を守るような言動をしたときは、こう唱えるようにしている。「それは”捨てろ”」。自分はかっこよくあるべき、モテるべき、価値があるべき、という”自分への執着”。それらは必ず苦しみを生む。自らの可能性を閉ざす。

「君がどういう人間かは、ほかでもない、君自身が決めている」。だからこそ、私たちは「希望」を持てる。これから自分はどうなりたいか、自分で思いどおりに決められるからだ。どう? なんかわくわくしてこない?

昨日までの自分はもう”飽きた”。

☆自分は自分が作っている。そして、それは、「言葉」によって作られている。「自分はできる」とつぶやくか「自分はできない」とつぶやくか。1日に何千回も繰り返される言葉の選択が、あなたの意識を決め、いまのあなたを作る。

☆「君のその、前にでたい! という熱い意欲は歓迎しよう。だが、なんだね。その手は? なぜ、君は”ブレーキ”をかけているのかね? 教えてくれ」

☆そうか、その作業は完了までに1時間かかるのか。わかった。それでは、いまから”5分”で終わらせてくれ。君なら簡単なことだ。1時間で終わるなら、5分でも終わる。手段は問わない。では、5分後にまた会おう。

☆私はいまから、原稿用紙50枚分の小説を書かなければいけない。しかも、制限時間は5分。「簡単だ」原稿はあらかじめパソコンで打って印刷してある。あとはこれを提出するだけ。5分どころか、10秒もかからない。事前に課題があるのを知っているなら、”制限時間外”にゆっくり制作すればいい。それはダメだというルールはない。また、他人の書いた原稿をコピーするのもいいし、5分を1万時間で刻む特殊な時計を用意するのもいい。時間の定義を変えてはいけないというルールはない。原稿に名前とタイトルだけ書いて、あとは白紙にしてもいい。原稿枚数は指定されているが、文字数は指定されていない。だからアリアリのアリだ。

☆頭の中ではどこまでーーーーーーーーーーーーも、広く考えることができる。私たちは、宇宙を持ち歩いている。

☆「自分を捨てる」メリットは2つ。理想にしがみついたときの苦しみをなくすこと。いままでしてこなかったこと(自分のキャラでは”やらない”)に抵抗なく挑戦できるようになり、自分の可能性を広げられること。

☆サーフィンをやったことがある人は、(それが楽しかったにせよ、いまいちだったにせよ)そのことについて”話す”ことができる。つまり、ネタになるのだ。加えて、そのあとサーフィンにハマってしまえば、自分の趣味が1つ増えることになる。それらがいいことなのかは人それぞれとして、自分の世界が少し広がったのは事実だ。

☆すでにやりたいことを見つけているなら、回りくどいことはしなくていい。ただ、自分の持てる力をすべてだしきり、やりたいことに捧げるのみ。

【ポイント】

☆それは”捨てろ”

お も ち ゃ に な る の だ

自分という人間の「著作権」を捨てる。

フリー素材にする。

みんな! ぼくを自由に使って、遊んでねっ!

顔に色を塗ったり、服を着せ替えたり、怪獣と戦わせてみたり、リカちゃんのママ役にしてみたり……。

アイデアは尽きないねっ! けっけっけ。

ぼくはみーんなの「おもちゃ」。

みんなを楽しませるのが仕事。ついでに自分もひゃっはーするのが仕事。

いつでも、コピーして、ダウンロードして、上書きして、アップロードしてみようっ!

ぼくをみんなで共有しよう! コンテストを開こう! パーティーもしよう!

わわっ! 世界中のアダルトとキッズが、ぼくの足にそれぞれの名前を書いてくれるのが夢!

宇宙いっぱいおもちゃ箱! へいへいっ!

ポイントまとめ

☆逆境の中には、それがひどいものであればあるほど、それに見合った、強力な幸せの種子が隠れている。

☆それは”捨てろ”

参考文献

ナポレオン・ヒル「思考は現実化する」きこ書房

<次の記事>

”つまらない”ゲームなんてしない

この記事を書いている人 - WRITER -
1996年生まれ。24歳。ブログ歴もうすぐ3年。目標ブログ月収10万円! 「最初の読者は自分」をコンセプトに、まず第一に自分が読みたい! タメになった! 毎日きちゃう! 記事・ブログづくりを行っています。 自己啓発系 月5~6本、テレビゲーム系 月1本ペースで執筆中!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲーム機の電源、ぽちっ♡

Copyright© パラソルと雨 , 2020 All Rights Reserved.