雨が降ったときに、パラソルの中でするような話をひとつや2つ。それは喜劇か、悲劇か、またはビジネスか。

ドラクエは数字でできている

2018/10/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
書きましょう、おすすめのゲームや海外ドラマを!
詳しいプロフィールはこちら


【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

【おすすめ記事】

スライムと戦うな!? ドラクエで考える「自己啓発のしょ」

これはゲーム機を買ってまでプレイする価値のあるゲームだ!

このドラマは、私たちに絶対の神展開を約束してくれる

ドラクエは数字でできている

大人気テレビゲーム、ドラゴンクエストはどんな要素でできているでしょうか。

意表を突くストーリーか、かわいいキャラクターか、美しい音楽か、繊細なグラフィックか。

そして、「数字」か。

ドラクエの世界の中には数字がたくさん登場します。プレイヤーは数字を見てドラクエを楽しんでいるといってもいいでしょう。

HP、MPの値、ちから、こうげき力、かしこさなどのキャラクターのステータス、武器や防具の性能や値段など。

もしドラクエから数字を消してしまうとどうなるのか。

モンスターに武器でどれくらいダメージを与えたのかわからず、自分の残りの体力も不明なので薬草を使うタイミングがわからなくなる。

経験値やお金も、数字がないと「少しもらえた」とか「割と多めに手に入れた」などの表現になるので困る。

武器のこうげき力がどれくらいあるのか知ることができないので、名前から強い武器を選ばなくてはいけない。

数字がないと、お金を数えることができなくなり、金、銀、銅や素材と物々交換などをして商品を買わなくてはいけない。

キャラクターのステータスも数字で表せないので、「得意」とか「不得意」とか曖昧な表現で特徴を捉える。

数字は物事を具体的にします。1、2、3と数で視覚的に伝えることで明確な情報になります。

モンスターとの戦いは数字の戦いです。互いの数字を引き算し、たまに足し算もしながら、相手の数値をゼロにしたほうが勝ちです。生と死、命のやり取りを数字によって表すことで、はじまりと終わり、その過程がはっきりとわかるようになります。

ドラクエの世界で頼れるのは視覚だけです。プレイヤーがどんなにコントローラーを握って、画面に近づいてもモンスターの臭いは嗅げないし、主人公の武器の重さを感じることはできません。

だから数字による視覚情報でドラクエの世界をわかりやすく伝えているのです。モンスターの体力が弱っていくのを実に細かいモーションでプレイヤーに伝えたとしても、数字の情報力には負けます。残りの体力が1と2の違いを動きだけで表現するのは難しいです。

しかしすべての物事を数字で表現すると情報量が多くて混乱します。モンスターとの戦闘でかかった時間や、次の町までの平均歩数、キャラクターの満腹度やストレス値など。

ドラクエでは数字の量も質も適切にコントロールされています。例えば、レベルが1~99まで、与えるダメージも1桁~3桁ぐらいと数字があまり多くなりすぎないので実感を与えます。ダメージを35281ポイント与えた、よりも、38ポイント与えたのほうが感覚に響きやすい。

また、呪文耐性、属性耐性を数字で表さないのもわかりやすい。数多くある呪文にどれだけ耐性を持っているのかをいちいち数値で表すのはわかりにくい。「メダパ二」という呪文の耐性が34、76あるとするよりも、弱い、とか強いとかで表すほうがわかりやすい。炎や風など属性に対する耐性にも同じことがいえます。

ドラクエは数字によってプレイヤーに冒険の実感を与える数字のゲームです。

もしドラクエから数字が消える日が来るなら、それは現実と同じように五感で世界を感じることができる未来のドラクエが誕生する日になるでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
書きましょう、おすすめのゲームや海外ドラマを!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

とりま、ゲームすっか。

Copyright© パラソルと雨 , 2018 All Rights Reserved.