雨が降ったときに、パラソルの中でするような話をひとつや2つ。それは喜劇か、悲劇か、またはビジネスか。

【おすすめテレビドラマ】山田孝之主演「勇者ヨシヒコ」

2018/09/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1996年生まれ。24歳。ブログ月収50円くらい。友だちの数:6人くらい。 好きな言葉「喜び、最高、楽、好き」あまり使わない言葉「努力、がんばる」 好きな俳優「ノーマン・リーダス」好きな女優「上野樹里」お世話になっている女優「桃乃木かな」 好きなゲーム「メタルギアソリッド」。好きな海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。好きなアニメ「ガヴリールドロップアウト」。
詳しいプロフィールはこちら

最近、冒険をしていない。

旅行にも行ってなければ、ドラクエもプレイしていない。

魔王みたいな上司はいるが、魔王を倒してはいない。

ああ、このままなんの変化もない毎日を送っていると、村人Aのようなどこにでもいる「つまらない人間」になってしまう!

そんなの嫌だ!

よし、冒険にでかけよう!!

と、その前に「冒険の予習」として、「勇者ヨシヒコ」を見ちゃおう!

きっと、「楽しい冒険」のヒントが見つかるはずだ!

勇者ヨシヒコと魔王の城(amazonプライム・ビデオ公式サイトへ)

……ふんふん、なるほど。勇者であるヨシヒコが魔王を倒すべく旅をする。なじみのある王道のストーリーだ。

1話は約30分12話で完結。旅の途中で困っている人たちを助けながら、仲間と出会ったり、モンスターや中ボスと戦ったりする。ちょうどいいくらいの長さだ。

ドラマスタッフの「手作り感」が愛らしいモンスターたちは、ドラクエで一度は見たことのあるモンスターばかり。

ドラクエで登場する「呪文」がそのまま使われていたりするので、ドラクエの世界観がわかる人は「さらに」楽しめるだろう。

このドラマの特徴は「遅効性の面白さ」

一気に吹きだすような爆発力のあるボケやツッコミは少ないが、あとからじわりじわりと効いてくる面白さは妙に「癖」になる。

登場人物のやりとりを見ていると、少しずつ少しずつ笑いがこみあげてくる、この不思議な感覚はほかのドラマでは味わえない。

本気なんだけど、どこか抜けてる。

「勇者ヨシヒコ」面白い。

よし、魔王の城を見終わったから、今度は「悪霊の鍵」でも見てみよう!

しばらく、「冒険の予習」は続きそうだ。

〈終わり〉

amazonプライムビデオ紹介(公式サイトへ)

この記事を書いている人 - WRITER -
1996年生まれ。24歳。ブログ月収50円くらい。友だちの数:6人くらい。 好きな言葉「喜び、最高、楽、好き」あまり使わない言葉「努力、がんばる」 好きな俳優「ノーマン・リーダス」好きな女優「上野樹里」お世話になっている女優「桃乃木かな」 好きなゲーム「メタルギアソリッド」。好きな海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。好きなアニメ「ガヴリールドロップアウト」。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

とりま、ゲームすっか。

Copyright© パラソルと雨 , 2018 All Rights Reserved.