雨が降ったときに、パラソルの中でするような話をひとつや2つ。それは喜劇か、悲劇か、またはビジネスか。

いつも遅刻してくる人

2018/10/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1996年生まれ。24歳。ブログ月収50円くらい。友だちの数:6人くらい。 好きな言葉「喜び、最高、楽、好き」あまり使わない言葉「努力、がんばる」 好きな俳優「ノーマン・リーダス」好きな女優「上野樹里」お世話になっている女優「桃乃木かな」 好きなゲーム「メタルギアソリッド」。好きな海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。好きなアニメ「ガヴリールドロップアウト」。
詳しいプロフィールはこちら

どうも! 果実飲料大好き、浜田オランジーナです!

あなたの周りに時間にルーズな人はいる?

例えば、みんなで遊ぶときにいつも遅刻してやってくる人。

みんなで行動するときに、ひとりが時間を守らないとみんなに迷惑がかかるよね。

でも、遅刻した本人はみんなに悪いなんてこれっぽっちも思ってないから、毎回毎回時間に遅れてやってくる。

こういう奴は、おむつをはいてたころから人に迷惑をかけてもへらへら笑ってやり過ごしていたに違いない。

日本人は時間に対してとてもきちんとしている。

外国では、バスや電車が時間通りにやってくるなんて珍しいらしい。

だから、遅刻をする人にも、日本よりかは少し寛容なのかもね。

私たちも、時間を守らない人に対してもうちょっと優しくしてやるべきなのかもしれない。

その人にもなにか事情があるのだろう。

毎日、集合場所に遅刻してやってくる人は、遅刻してしまう正当な理由があるのだろう。

毎日、約束の時間に30分遅れてくる人は、30分遅れてしまった、もうどうしようもない30分遅れるだけの事情があるのだろう。

それならば、「おいおい、また遅刻かよ、ちっ」という冷めた目でその人を見るのは人として恥ずべき行為だ。

30分遅刻する人もそれなりに大変なのだ。

朝起きてから、顔を洗い、朝食を食べ、服を着替え、玄関をでる。毎日決まったその朝のリズム30分の遅れを生みだしている。

毎日30分遅れてくるということは、その人にとってその時間のリズムがちょうどいい、ということなのだろう。

もし、いつもより、早く起きてしまい、30分早く家をでるなんてことがあろうものなら、その人にとってはきょう1日のリズムがめちゃくちゃになるに違いない。

時間の流れ方も、考え方も、人それぞれ違う。グローバル化が進む今日では、ひとりひとりの時間のとらえ方を尊重してあげることが大事なのではないか。

30分遅れてくる人は、いつも時計をちらちら見ながら、歩くスピードを速めたり、遅くしたりして、どうにかぴったり30分遅刻できるように調整しているのだ。

その日々の苦労を知らないで、遅刻した人を悪くいうのはいけない。

〈終わり〉

この記事を書いている人 - WRITER -
1996年生まれ。24歳。ブログ月収50円くらい。友だちの数:6人くらい。 好きな言葉「喜び、最高、楽、好き」あまり使わない言葉「努力、がんばる」 好きな俳優「ノーマン・リーダス」好きな女優「上野樹里」お世話になっている女優「桃乃木かな」 好きなゲーム「メタルギアソリッド」。好きな海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。好きなアニメ「ガヴリールドロップアウト」。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

とりま、ゲームすっか。

Copyright© パラソルと雨 , 2018 All Rights Reserved.