雨が降ったときに、パラソルの中でするような話をひとつや2つ。それは喜劇か、悲劇か、またはビジネスか。

あきらめない人にはよき理解者がいる

2018/10/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
1996年生まれ。24歳。ブログ歴もうすぐ3年。目標ブログ月収10万円! 「最初の読者は自分」をコンセプトに、まず第一に自分が読みたい! タメになった! 毎日きちゃう! 記事・ブログづくりを行っています。 自己啓発系 月5~6本、テレビゲーム系 月1本ペースで執筆中!
詳しいプロフィールはこちら

困難な状況を進み、殴られても蹴られても、つばを吐きつけられても、常に立ち向かう。そんな勇者になるためにはどうすればいいのか。

あきらめないということは、自分が自分に対して約束を守るということです。ある目標のためにいままでやってきた自分に、中途半端に放り投げるような真似は許されません。

約束されたのは「勝利」や「成功」の2文字であり、「失敗」や「挫折」の2文字ではありません。

約束をきちんと守る「あきらめない人」になりましょう。

よき理解者を持とう

しかし、約束を果たすためには自分ひとりではなく、よき理解者の力が必要です。

よき理解者はあなたの目標を理解し、そのための行動を理解してくれます。うんうんと頷くだけではなく、あなたを客観的に見て、意見してくれます。困ったときには助けてくれて、あるときは切磋琢磨しあうライバルになるかもしれません。

いずれにせよ、毎日のあなたを理解してくれる人がいれば心強い。

目指している目標がはっきりしていないなら理解者に相談しましょう。人に口で伝えることによって、より具体的になります。会話のキャッチボールをすることで、これがしたい、どうして? こういう理由で、それはなぜ? というように理論的に目標をつかめるようになります。

なにかを決めるときには情報が必要です。ひとりで集めるのもいいですが、理解者と話せば自分とは違うフィルターを通した情報を得ることができます。それは、気づけなかったことに気づけるチャンスです。

情報がごちゃごちゃになってわからなくなるまで、いろんな人に話を聞くのはやめましょう。必要なのはよき理解者の客観的な意見です。最終的に決めるのはあなたです。理解者を主導者にしてはいけない。

気をつけなければならないのは、よき理解者があなたに「あきらめる」ことをおすすめしたときです。理解者があなたのことを理解して、もっと別の道があるんじゃないか、いまの目標を達成するのは無理なんじゃないかと意見してきたときは用心しましょう。

あきらめのすすめもまた、客観的な意見です。しかし、自分はまだやれるけど、親があきらめろといったからあきらめた、なんてことにはならないように。これはあなたの目指す目標達成への本気度を問われているのです。

あきらめたほうがいいんじゃない? という言葉に反論ができないようなら、もう一度、自分の意思を強くしなければなりません。よき理解者はときに試練を与えます。それも、あなたの覚悟を「理解」しようとしているからこそです。

自分が落ちこんだときに励まして、自分が調子に乗ったときに冷静であるように注意してくれる、そんな理解者がいれば頼もしい。失敗による恐れが頭をいっぱいにしているときに、わずかでも光が照っていればまた進むことができます。

家族、友人、先生。自分が信頼している相手に、自分の目標を伝えましょう。よき理解者は必ず、あなたをあきらめない人にしてくれます。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1996年生まれ。24歳。ブログ歴もうすぐ3年。目標ブログ月収10万円! 「最初の読者は自分」をコンセプトに、まず第一に自分が読みたい! タメになった! 毎日きちゃう! 記事・ブログづくりを行っています。 自己啓発系 月5~6本、テレビゲーム系 月1本ペースで執筆中!
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲーム機の電源、ぽちっ♡

Copyright© パラソルと雨 , 2018 All Rights Reserved.